自重で正しい動きを丁寧に指導。
動きの中で可動域を広げ、怪我のしにくい身体へ。

正しくないフォームでのトレーニングでは一部の関節や筋肉に負担が集中してしまい、狙った筋肉を効率よく強化出来ない上、痛めてしまう原因になります。

まずは、普段あまり運動やトレーニングをされていない方は自重で正しいの姿勢や身体の動かし方を学んで頂く事でトレーニングでの関節や筋肉の怪我を防ぎます。